香港保釣論壇 首頁 香港保釣論壇

 
 常見問題常見問題   搜尋搜尋   會員列表會員列表   會員群組會員群組   會員註冊會員註冊 
 個人資料個人資料   登入檢查您的私人訊息登入檢查您的私人訊息   登入登入 

香港、加拿大、國內、韓國人仕加入日本愛媛縣松山市原告團[一]

 
發表新主題   回覆主題    香港保釣論壇 首頁 -> 保釣行動委員會、史維會活動公告 / 有關釣魚台 新聞
上一篇主題 :: 下一篇主題  
發表人 內容
diaoyuislands
Site Admin
Site Admin


註冊時間: 2005-03-28
文章: 2177

發表發表於: 六月 星期三 22, 2005 12:15 am    文章主題: 香港、加拿大、國內、韓國人仕加入日本愛媛縣松山市原告團[一] 引言回覆

愛媛縣松山市市民原告團,聯名起訴日本愛媛縣起用'不良'歷史教科書

香港記者招會發佈提案消息:
日期: 2005年7月7日 (星期四) 地點: 日本領事館
事由: 2005年7月20日興訟,香港、國內、韓國各界人仕加入日本愛媛縣松山市市民原告團,聯名起訴日本愛媛縣起用'不良'歷史教科書
[消息不斷更新]

以下是香港、加拿大原告團加上鄺勤芳女士匯款給愛媛團体的收據 (共38 名 x HKD70 =HK 2,660 折合是 : Yen39,000)
(感謝鄺勤芳女士先代支付)


聲 明:

日本文部科學省日前審定批准了新一期有爭議的歷史教科書。這部由扶桑出版社出版的教科書共八冊,將可在二OO六年四月開始做教學用途。

該書對日本在二戰時期的侵略行徑極盡美化之能事。它把一九三七年的南京大屠殺稱為“事件”,同時只是承認“許多中國人”被殺,並且“教導”學生,“在迄今為止的歷史中,沒有任何一個國家沒有在戰爭中發生過殺害和虐待非武裝人員的行為,日本也不例外。當提到二十世紀初日本對亞洲國家的軍事佔領時,教科書則避免使用“侵略”一詞。對於釣魚臺,這部公民教科書則說,該島是“中國聲稱擁有主權的日本領土”等等。

日本侵略戰爭的最大受害國是中國,這是任何人也沒有異議的事實。作為這一事實最具指標性意義的是南京大屠殺事件。關於南京大屠殺事件之史實,中外學者(包括日本學者)已有林林總總的著作敍述,對日軍的暴行作出深刻的揭露。但在扶桑版《新歷史教科書》堙A卻刻意掩飾日本的暴行,為日本在南京大屠殺中的罪行開脫。

對於日本軍隊在二戰中強加給韓國女性的民族壓迫和性的虐待,《新歷史教科書》只是輕描淡寫地一筆帶過,八本獲得批准的教科書中,只有一本提到“慰安婦”。根本不把日軍對韓國民族所犯的罪行當回事,甚至不把朝鮮民族看在眼堙C

日本仍認為其在二戰的行為是為了幫助亞洲國家反抗西方列強的奴役,實現亞洲的“共榮”。這也是日本不願意向中國及亞洲其他國家人民道歉的原因。日本必須徹底破除以上產生軍國主義的思想觀念,才有可能對過去的侵略行為和戰爭罪行產生真誠的反省意識。只有這樣,才不會讓二次世界大戰的歷史悲劇再度重演。

今天這個發佈會,是有關日本愛媛縣松山市市民邀請各界加入原告團,控訴日本政府篡改歷史教科書的消息。香港、大陸、韓國等地區參與訴訟和支援者眾多。(附中、港、韓、加拿大原告名單。)
提訴日將於七月二十日舉行。

日本人尚且不忿自己政府的胡作妄為,何況中國是二戰受日本侵略受害最深的國家。所以呼籲各界支持這個為公義、為歷史真相、為戰爭受害者討回公道、為世界和平的中、日、韓的民間呼聲。

Arrow
香港方面的控訴陳情書:

要求排除不正確的教科書之陳情書

在第二次世界大戰的最初期,日本軍所占領的亞洲區的都市是香港。
在日本軍政下的三年八個的香港,日本軍強奪香港市民的財產,以”統一軍票政策”、
“人口葩痊F策”,香港一半數以上的市民被強制趕出香港區域以外。
結果、好多香港難民都被餓死、好多青年男女要和家人離別,被徵用到海南島去,但一去不能再返。在日本軍侵略香港期間、當時的人口是 140萬之多的。這是就是日本的香港軍政之下的市民所受到的苛酷的事實。

戰後的發展、從中國內地移居到香港來,現時約有680萬多的市民在生活中。
我們對九、一八事變、七、七盧溝橋事變、南京大屠殺、三光作戰、從軍慰安婦、強制勞工等等的日本軍在亞洲區所做的罪行,還是遺留深深的記憶痕跡。

我們的故鄉被日本軍的軍靴殘踩、親友兄弟被虐殺、不正當的強奪市民的財產,我們後一代的子孫兄弟們,到今時還是難以忘記。這個抗日戰爭,對我們香港市民是很沉重的一件事。
但、以愛媛縣為首,最初在縣立的中學和高校等三間學校中,採用日本極右組織的份子所編選的教科書(日本叫 : 新歷史教科書造作會。選用本由扶桑社出版的歷史教科書、公民教科書。這惡行轟動世界。

這本由扶桑社出版的歷史、公民教科書的本質是有意隱蔽日本軍的侵略戰爭之行為和支配植民地的過去惡行、用意是以這本惡質的教科書去誤導青年一代。


聞說、扶桑社不理會文部省的禁令,在檢定期中 (白皮書期中),已在各地作出營業推售等行為。
對扶桑社這不正行為和在行政的保護下,這重大的責任問題是不可放過的。
我們香港市民對愛媛縣選用這教科書的行政和扶桑社出版的歷史、公民教科書一事,一定要全面排除,這惡質的教科只會招來災厄和有障市民的自由。

2005年 7月7日起草
愛媛教科書訴訟
香港原告一同
(原告加單,請看付頁)                           
=======================================
http://www.cnwnc.com/gbtobig.php3?url=http://www.cnwnc.com/20050708/ca1721026.htm

【商報專訊】記者鐘合報道:昨日是七七蘆溝橋事件六十八周年紀念,本港多個民間組織及政黨發起遊行活動,前往日本駐港總領事館請願,要求日本政府道歉及作出賠償;並強烈反對日本成為聯合國安理會常任理事國。

工聯會昨早十時半出動了百多名會員,先在中區遮打花園集合,然後手持大幅抗議標語,遊行至日本駐港總領事館,強烈反對日本成為聯合國安理會常任理事國,並向日領館遞上十萬名市民的簽名。

另外,青年民建聯副主席黎榮浩在日本領事館門前宣讀聲明,要求日本徹底放棄軍國主義,拆除釣魚島上所有侵犯中國主權的設施及標志,公開承認釣魚島為中國領土,並對過往二次大戰的侵略行為承擔責任,向受害者作出合理賠償,以及盡快修正篡改歷史的教科書。

多個團體也分別要求日本政府道歉及賠償,他們不滿日本右翼勢力對‘軍國主義’的態度、篡改歷史教科書,以及日本官員參拜靖國神社;教協代表向日本領事館遞交抗議信,要求日本正視歷史。

狀告日政府篡改教科書

保釣行動委員會則稱,在八月中會為抗戰勝利六十周年舉辦遊行,以及將於七月二十日在日本愛媛縣松山市正式起訴日本政府篡改歷史教科書。是次訴訟將會有三十四名港人參加,包括大學教授、政黨人士、立法會議員及區議員。另外,亦有日本的正義人士、中國各大學學者、加拿大史維會的工作人員及韓國的原告人等共約八百人參與。


此外,香港索償協會約二十名代表,昨早亦在中環郵政總局集合,然後遊行至日本及美國的駐港總領事館,抗議日本軍國主義復闢,以及反對日本爭取成為聯合國安理會常任理事國,並要求日本承認侵華史實,盡快贖回在本港發行的軍票。

協會主席吳溢興又批評美國,支持日本成為安理會常任理事國。協會代表其後也到美國駐港總領事館遞交請願信。

本港多個親臺團體包括神州青年服務社、港九工團聯合總會、黃埔軍校同學會等三十多個團體組織的‘香港自由社團抗日聯盟’,昨早也遊行到日本駐港總領事館抗議。期間他們高舉橫額及呼喊口號,抗議日本軍國主義復闢以及聲援臺灣漁民近期的保衛領海護漁行動。


作者:鐘合 編輯:
=======================================


香港日文陳情書

不正な教科書を採択から排除することを求める要望書

香港は第二次世界大戦におけるアジア戦線において、最初に日本軍に占領された都市です。日本軍は香港で三年八カ月におよぶ軍政を行い、「軍票一色化政策」で香港市民の財産を収奪し、「人口疎散政策」で多くの香港市民を半ば強制的に香港域外に追いやりました。その結果、多くの香港難民が餓死し、多くの青年男女が家族と別れて海南島に徴用され、再び香港の土を踏むことはなかったのです。
日本が香港を攻略した時、香港には140万人を超える人々が暮らしていました。これは、日本の香港軍政が住民にいかに苛酷なものであったかを、如実に物語っています。
戦後、香港は都市の発展とともに中国各地からの人々を吸収し続け、今では680万人余りが暮らしています。私たちの多くは、九・一八事変(柳条湖事件)、七・七事変(盧溝橋事件)、南京大屠殺(南京大虐殺)、三光作戦、従軍慰安婦、強制連行など、日本がアジア各地で行った罪行を記憶にとどめています。
 故郷を日本軍の軍靴に踏みにじられ、親兄弟を虐殺され、不当に財産を収奪された私たちの親兄弟は、今も日本に複雑な思いを持ち続けているのです。
 私たち香港市民にとって、抗日戦争とはこのように重いものです。
 さて、愛媛県は日本で初めて県立中高一貫校三校で、日本極右の編撰会(日本名称:新しい歴史教科書をつくる会)が推動している扶桑社版歴史・公民教科書を採択した地方として、世界に悪名を轟かせました。扶桑社版歴史・公民教科書は、日本の侵略戦争、植民地支配の本質を隠蔽し、日本の過去の過ちを正当化する誤った歴史認識のもとに、日本の青少年を誤導するものです。将来有為な日本の青年男女に、このような悪質な教科書は相応しくありません。
 聞くところによると、このたびの教科書検定で、扶桑社は検定中に申請本(白表紙本)を各地の採択関係者に見せて営業行為を行うなど、文部科学省が禁じた不正を繰り返してきました。ひとり扶桑社のみこのような不正行為を見逃し、手厚い保護を加えてきた行政の責任は重く、全く見過ごすことは出来ません。
 私たち香港市民は、扶桑社版歴史・公民教科書を愛媛県の教科書採択の対象から全面的に排除し、このような悪質な教科書がもたらす災厄から、愛媛県民が自由であるよう、強く要望します。

                 2005年7月7日起草
                 えひめ教科書訴訟
                 香港原告一同
                  (名簿別紙)     

呼籲各界以個人名義加入紙上訴訟原告
參加者名單:

加拿大:
1. 朱文征 保釣行動委員會
2. 鄭海麟 加拿大海峽兩岸研究會會長
3. 列國遠 加拿大卑斯省史維會主席

日本
1. 鄺勤芳女士

香港原告一覽表:

1. 柯華 保釣行動委員會、香港史維會主席
2. 關蝶影 保釣行動委員會、香港史維會秘書
3. 羅就 保釣行動委員會副主席
4. 吳坤 抗戰老兵
5. 鄭志坤 保釣行動委員會
6. 曾建成 區議員
7. 何俊仁 立法局議員
8. 梁國雄 立法局議員
9. 梁兆新 區議員
10.莫子傑 史維會
11.梁淑貞 區議員
12.黎志強 區議員
13.呂志文 區議員
14.陶君行 區議員
15.劉夢熊 全球保釣大聯盟
16.張文光(教協會長)
17.鄧玉貞(教協會理事)
18.李麗明(副會長)
19.陳國權(教協會理事)
20.潘天賜(副會長)
21.黃志文(教協會理事)
22.區伯權(副會長)
23.舒盛宗(教協會理事)
24.趙志成(副會長)
25.梁根源(教協會理事)
26.陳洪 (總秘書)
27.吳潔貞(教協會理事)
28.鄭壽良(教協會理事)
29.陳杏英(教協會理事)
30.翁巧香(教協會理事)
31.蔡偉忠 (紀念受難同胞聯合會)
32.吳溢興 (香港索償協會主席)
33.梁有方 (區議員)
34.鄭經翰 (立法會議員)
35.徐百弟 (區議員)


國內:
中国原告一覧: 資料來源是愛媛團体的奧村先生代表

步 平  中国社会科学院近代史研究所 研究员
王建朗  中国社会科学院近代史研究所 研究员
荣维木  中国社会科学院近代史研究所 抗日战争研究编辑部主编
李仲明  中国社会科学院近代史研究所 抗日战争研究编辑部编辑
卞修跃  中国社会科学院近代史研究所 近代史资料编辑部编辑
刘 萍  中国社会科学院近代史研究所 近代史资料编辑部编辑
李学通  中国社会科学院近代史研究所 近代史资料编辑部主编
王 健  中国社会科学院近代史研究所 台湾史研究室副研究员
李宗远  中国人民抗日战争纪念馆 主任
徐 勇  北京大学历史系 教授
荣兴华  北京大学历史系 教授
马燕云  北京大学历史系 教授
于淑芬  北京大学历史系 教授
左玉河  中国社会科学院近代史研究所 研究员
王士花  中国社会科学院近代史研究所 副研究员
庄建平  中国社会科学院近代史研究所 研究员
章伯锋  中国社会科学院近代史研究所 研究员
闻黎明  中国社会科学院近代史研究所 研究员
黄春生  中国社会科学院近代史研究所 研究员
姜 涛  中国社会科学院近代史研究所 研究员
曾学白  中国社会科学院近代史研究所 研究员
徐秀丽  中国社会科学院近代史研究所 研究员
杜丽红  中国社会科学院近代史研究所 研究员
杜继东  中国社会科学院近代史研究所 研究员
汪 明  安徽省马鞍山市康辉旅行社  经理
袁成毅  杭州师范大学历史系 教授
张连红  南京师范大学历史系 教授
经盛鸿  南京师范大学历史系 教授
朱成山  侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆 馆长
王伟民  侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆 副馆长
梁 成  侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆 主任
刘燕军  侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆 主任
张 生  南京大学历史系 教授
林晓光  中央党史研究室 研究员
马 勇  中国社会科学院近代史研究所 研究员
唐晓辉  中国人民抗日战争纪念馆 主任
罗存康  中国人民抗日战争纪念馆 研究员
王珏玲  中国人民抗日战争纪念馆 研究员
张耀霞  中国人民抗日战争纪念馆 研究员
谭秀英  中国人民抗日战争纪念馆 研究员
史桂芳  首都师范大学历史系 教授
汤重南  中国社会科学院世界史研究所 研究员
文春美  中国社会科学院世界史研究所 副研究员
王希亮  黑龙江省社会科学院历史研究所 研究员
高晓燕  黑龙江省社会科学院历史研究所 研究员
辛培林  黑龙江省社会科学院历史研究所 研究员
车霁虹  黑龙江省社会科学院历史研究所 研究员
郭素美  黑龙江省社会科学院历史研究所 研究员
梁玉多  黑龙江省社会科学院历史研究所 研究员
林汉京  
刘 兵  中国社会科学院近代史研究所 副研究员
苏智良  上海师范大学历史系 教授
陈丽菲  上海师范大学历史系 教授
陈于武  中国社会科学院近代史研究所 副研究员
冯 琳  中国社会科学院近代史研究所 助理研究员
简兆平  香港历史事实维护会会长
李 蓉  中央党史研究室 研究员
王海光  中央党史研究室 研究员
于化民  中国社会科学院近代史研究所 研究员
张启祥  中国社会科学院近代史研究所 研究员
李玉刚  中国社会科学院近代史研究所 研究员
李茂杰  吉林省社会科学院历史研究所 研究员
刘信君  吉林省社会科学院历史研究所 研究员
孙继武  吉林省社会科学院历史研究所 研究员
孙继英  吉林省社会科学院历史研究所 研究员
郑 敏  吉林省社会科学院历史研究所 研究员
张志强  辽宁省社会科学院历史研究所 研究员
马越山  辽宁省社会科学院历史研究所 研究员

韓國
No 韓国国会議員原告一覧: 資料來源是愛媛團体的奧村先生代表
開かれたウリ党
1 강창일 姜昌一 カン・チャンイル
2 송영길 宋永吉 ソン・ヨンギル
3 김선미 金善美 キム・ソンミ
4 문병호 文炳浩 ムン・ビョンホ
5 노현송 盧顕松 ノ・ヒョンソン
6 이화영 李華泳 イ・ファヨン
7 선병렬 宣炳烈 ソン・ビョンリョル
8 문학진 文学振 ムン・ハクチン
9 김재윤 金才允 キム・ジェユン
10 강혜숙 姜恵淑 カン・ヘスク
11 김태홍 金泰弘 キム・テホン
12 이호웅 李浩雄 イ・ホウン
13 강기정 姜琪正 カン・ギジョン
14 신학용 辛鶴用 シン・ハギョン
15 한광원 韓光元 ハン・グァンウォン
16 이종걸 李鍾杰 イ・ジョンゴル
17 우제창 禹済昌 ウ・ジェチャン
18 김기석 金基錫 キム・ギソク
19 이은영 李銀栄 イ・ウニョン
20 정청래 鄭淸来 チョン・チョンネ
21 유기홍 柳基洪 ユ・ギホン 788-2364
22 김원웅 金元雄 キム・ウォヌン
23 최규식  崔奎植 チェ・ギュシク
24 임종인  林鐘仁 イム・ジョンイン
25 조성래 趙誠来 チョ・ソンネ
26 원혜영 元恵栄 ウォン・へヨン
27 정성호 鄭成湖 チョン・ソンホ
28 이인영 李仁栄 イ・イニョン
29 배기선 裵基善 ペ・ギソン
30 조경태 趙慶泰 チョウ・ギョンテ


ハンナラ党
31 원희룡 元喜龍 ウォン・ヒリョン
32 정병국 鄭柄国 チョン・ビョングク
33 고진화 高鎭和 コウ・ジンファ
34 이혜훈 李恵薫 イ・ヘフン 788-2460
35 이명규 李明奎 イ・ミョンギュ
36 주호영 朱豪英 チュ・ホヨン
37 권영세 権寧世 クォン・ヨンセ
38 안홍준 安鴻俊 アン・ホンジュン
39 김양수 金陽秀 キム・ヤンス
40 김희정 金姫廷 キム・ヒジョン
41 이계경 李啓卿 イ・ギェギョン
42 정문헌 鄭文憲 チョン・ムンホン
民主労働党
43 이영순 李永順 イ・ヨンスン
44 심상정 沈相奵 シム・サンジョン
45 단병호 段炳浩 タン・ビョンホ
46 조승수 趙承洙 チョウ・スンス
47 강기갑 姜基甲 カン・ギガプ
48 최순영 崔順永 チェ・スニョン
49 현애자 玄愛子 ヒョン・エジャ
50 천영세 千永世 チョン・ヨンセ

(韓國市民)

氏名 団体
安 秉佑 敎科書運動本部
尹 鍾鎬  
池 英愛 大邱市民の会
河 棕文 敎科書運動本部
姜 日出 慰安婦 被害者
姜 貞淑 挺身隊研究所
姜 恵楨 敎科書運動本部
姜 昌一  
魏 錦南 民族問題研究所
金 文淑 性暴力被害相談
金 淑珍 敎科書運動本部
金 聖甫 敎科書運動本部
金 順德 慰安婦 被害者
金 君子 慰安婦 被害者
金 源植  
金 文植 太平洋補推協
金 在鎬 太平洋補推協
車 惠英 大邱市民の会
廉 馥圭 歴史問題研究所
権 五鉉  
元 鳳載 シベリア朔風会
申 榮淑 挺身隊研究所
申 東河 敎科書運動本部
申 鉉尚 シベリア朔風会
徐 仲錫 敎科書運動本部
宋 讚燮 敎科書運動本部
崔 喆鎬 敎科書運動本部
崔 鳳泰 大邱市民の会
崔 眞娥 民族問題研究所
崔 洛勳 太平洋補推協
閔 然秀 民族問題研究所
丁 兪善  
張 信  
鄭 銀定 敎科書運動本部
趙 楊子 太平洋補推協
趙 遠光 敎科書運動本部
郭 東協 大邱市民の会
朴 種隣 歴史問題研究所
朴 玉蓮 慰安婦 被害者
朴 進夫 太平洋補推協
朴 秀福 シベリア朔風会
文 英周 歴史問題研究所
方 學鎭 民族問題研究所
梁 美康 敎科書運動本部
Youngchan Lee 李 英燦 太平洋補推協
李 貞善 挺身隊研究所
李 壽甲  
李 倫哉 太平洋補推協
李 信徹  
李 永鎭 太平洋補推協
李 相協 太平洋補推協
李 熙子 太平洋補推協
李 今壽 太平洋補推協
李 東根  
李 熙白 太平洋補推協
李 成順様  金 鍾燮  
李 東永 敎科書運動本部
李 宣泥 挺身隊研究所
李 基勳 歴史問題研究所
李 秀浩 敎科書運動本部
李 泰勳 歴史問題研究所
李 在葉 シベリア朔風会
李 炳柱 シベリア朔風会
李 在心 大邱市民の会
李 玉善 慰安婦 被害者
李 美英  
林 西云 太平洋補推協


日本の教科書を正す運動本部  

( 名單不斷更新 )


聯絡電話: 9488-6645 / 9278-5099

======================================

中文翻譯: (by Anita-Tanaka)

邀請參加裁判活動
EBIME教科書裁判支援會
EBIME教科書裁判原告團

各位

日本正急速傾右化。為了這問題是必要認識歷史。但現時日本政府對戰爭責任、戰後責任,以及日本人對這問題出現噯昧的態度。

這個 教科創做會所編寫的教科書把歷史歪曲、美化戰爭、肯定戰爭誤導新一代,
為了日本的支配者能醒覺,所以我們要反對採用這教科書。

很可惜,以石原知事為首,加上右翼的愛媛縣知事 (前文科省官僚),他們利用職權向愛媛縣教育委員會加壓,在教委會的管轄,在2001 & 2002度縣立中學校採用了不良教科書了。


用這教科書只是東京都和愛媛縣,愛媛縣存有軍國主義教育思想,東京也是不例外吧?
我們對這思想感覺好可怕,為了打碎他們,在 2002年開始打法庭。希望取消選用這教科書。

到現在,合計有八件案件在進行中,原告累計是有 800名之多。(中國人、北京、南京等等歷史學者 68 名,韓國人、國會議員等 55名 …合計 250 名,日本人中有480名的學者、宗教者、打工仔、男女老幼等支援者合計 700 名之多 )

四年一次改選教科書,今年又來了,愛媛縣的加戶知事又連結教委會去再選用這教科書於中學校內用。

所以,我們一班人要阻止選用這教科書而作出訴訟。

因為日本是三權獨立、司法獨立,受現在政府的影響,一般市民、如要提訴國家、縣或市? 勝訴的機會是極微的狀態。


但、在現時的八件案件中,我們在多方面的收集情報得來,加以分析,找到了些証據是知事以政治介入,是不合法和違法的。是有防司法公正。

這次我們可能有些上風的
如這次有香港團体參加做勢,一定收到更好的聲援效果,利用這監視行動,
擴大去亞洲各處,做些輿論壓力。真的希望你們能參加 (來日本聲援和上庭)


愛媛縣是位於被投下原子彈的廣島之對岸,人口約 147萬,面積是5674m2,
是水果橘子的名產地。 縣政府大樓是在松山市內 (人口約 51萬),這個訴訟是在松山裁判所提出。 希望你們能參加 (包括來日本支援),心感幸福。

奧村 2005 年6月21日

2005年6月21日

奥村悦夫
zxvt29@dokidoki.ne.jp
愛媛の教科書がピンチ
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/index.htm


(聯絡電話: 香港 9278-5099)
-------------------------------------------------------------


發起人奥村悦夫原文:

裁判参加を求める招請状
えひめ教科書裁判を支える会
えひめ教科書裁判原告団

皆様へ

日本社会は、急速に右傾化していますが、この要因に日本の近現代における歴史認 識問題があると考えています。この歴史認識が、日本政府の戦争責任・戦後責任及び>ひとり一人の日本人のこれらの責任を曖昧にしています。


私たちは、歴史を歪曲し、>
戦争を賛美している「つくる会」教科書は、この歴史認識をさらに後退させ、「戦争 > を肯定する」子どもたちを生み出し、日本の支配者がめざしている「戦争ができる
国」への後押であると、この教科書の採択を反対してきました。
ところが、東京都の石原知事と同じ右翼思想の持ち主の加戸守行愛媛県知事(元文科 > 省の官僚)は、知事権力を行使し、愛媛県教育委員会に圧力を加えて、2001年度・> 2002年度に愛媛県教育委員会の管轄下にある県立中学校で使用する教科書として「つくる会」教科書を採択させました。

同教科書を公立の学校で使用しているのは、東京 都と愛媛だけですが、この目的は、愛媛県を軍国主義教育の拠点にすることであり、 > 東京都も同じであると思います。

私たちは、このような恐ろしい企みを何とかして打ち砕きたいと、2002年に愛媛> の地で裁判を起こし、この採択の取り消しを求め、

現在、合わせて8件の裁判を行> なっています。原告の累計数は、800名(中国人、北京・南京などの歴史学者68名 ・韓国人、国会議員55名を合わせて250名・日本人、480名、学者・宗教者・労働> 者など老若男女)、支援者700名となっています。

教科書採択は4年毎に行なわれ、今年は再び、中学校の採択の年です。今回も加戸知 事は、愛媛県教育委員会と結託し、「つくる会」教科書を採択させようとしていま す。

そこで、私たちは、この採択の差止めを求めて提訴することにしました。

日本は、三権分立で司法は独立した機関ですが、現実は、政府の影響を受け、住民> が、国や県を訴えても、住民が勝訴する確率が非常に低い状況にあります。

しかし、> これまでの8件の裁判の中で、私たちは情報公開で入手した資料を調査・分析し、知 事の違法な政治介入などの証拠を突きつける等の法廷の闘いが、新たな不正を防ぐ防> 波堤の役割をしています。


今回の差止め請求が、さらにこの効果を高めると考えてい> ます。


この裁判に香港の皆様が原告として加わって頂ければ、不正を監視する民衆の 輪がさらにアジアの地に広がることになり、その波及効果が大きくなるに違いありま せん。ぜひ、この裁判の原告に加わってください。

愛媛県(原爆が投下された広島の対岸に位置し、人口147万・5674km2、みかんの生 > 産が日本一)の県庁所在地である松山市(人口51万)の裁判所に7月13日に提訴しま > す。ぜひ、提訴に際して、愛媛にお越し頂ければ幸いです。

2005年6月21日

奥村悦夫
zxvt29@dokidoki.ne.jp
愛媛の教科書がピンチ



http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/index.htm[img][/img]


訴訟跟進事件消息:

加控安倍晉三以政治壓力支配教育[三]

香港、加拿大、國內、韓國人仕加入日本愛媛縣松山市原告團[二]



Arrow


diaoyuislands 在 八月 星期二 15, 2006 8:00 am 作了第 45 次修改
回頂端
檢視會員個人資料 發送私人訊息 發送電子郵件
diaoyuislands
Site Admin
Site Admin


註冊時間: 2005-03-28
文章: 2177

發表發表於: 六月 星期一 27, 2005 5:39 pm    文章主題: 引言回覆

(訴訟費每位70元港幣(人民幣))

(有關裁判法庭的費用,請不用擔心。)

Anita Tanaka 田中芳子的信如下:

請各位細看以下文章,是我向透過和仁廉夫先生向愛媛市民團体代表的奧村先生發問過有關法庭敗訴後的費用問題。 以下是奧村先生把手上已參加的原告名單付上給我們看,以及說明,如敗訴後的費用也不用我們香港區付責的。他主要目的是希望多些有志同仕來支援和參加而已 ! 請細看以下問章。

在昨天我收到保釣會的電郵,很高興各人報名參加,但請切記,報名費是
日元1,000正 (約港幣70 左右 ),請各位報名參加後,盡快向保釣會交費,

收到費用後正式把貴芳名提出給奧村先生報名的。請各位合作。 在日本方面的我,我的主要原則是,各報名人必須通過保釣給我正式指示的報名名單後,我才正式提交給愛媛縣的市民團体代辨。因我不是長期在港,不能一一去徵費用,所以指定保釣代理收費,收據會由愛媛縣的市民團体給我後,一定回報給各位有心人仕。請各位見諒和合作些。

謝謝。

日本區的 Anita Tanaka 田中芳子草筆


田中芳子さま
(田中芳子小姐 Anita)

はじめまして、愛媛の奥村です。
(你好! 我是愛媛的奧村)

和仁さんからのメールを頂き、このメールをしています。
(已收到和仁先生的電郵 (在日本的法律問題….敗訴後的責任))

和仁さんからのメールを読みましたのが、25日夜の10時に5分まえでしたので電話ではなく、メールをお送りしています。
(收到和仁先生的電郵已是25日之晚上10時5分左右。因此不方便打電話給你
(Anita), 所以用電郵回答。)

香港の方が心配されていることは、よく理解できます。
(我是理解到香港方面的憂慮(法律責任問題))

その心配を解くための特効薬はないと思いますが
(這樣的憂慮,我是沒有特效藥去化解的。)

これまでの裁判の経過の詳しいことは、下記のホームページをお読み頂ければと思いますが簡単に書いてみます。
(請看以下所指的網址就能另你們可以了解一些吧。)

2001年に愛媛県教育委員会が、「つくる会」教科書を採択しました。
(在2001時,愛媛縣教育委員會採用了這不良教科書了。)

これに対して、この採択の撤回を求める行動として最初に取り組んだのは
「採択の撤回を求める署名」活動でした。
(我方採取簽名活動,希望能另他們撤回。)

しかし、署名を教育委員会が無視をしようとしましたので
採択の無効確認を求める裁判を起こしました。
(但得來是無視的反應,所以決定提上法庭去……。)

この裁判は、主に愛媛のメンバーですが、韓国の原告も参加されました。
韓国の方とは、長年の運動の交流があったからです。
(這個訴訟是發至愛媛的主要市民團体,後來也得到韓國的支持。經過與韓國的長年活動交流。)


それが、2002年の3月です。
(這樣地,在 2002年3月時期。)

その後、愛媛県は再び、「つくる会」教科書を採択しましたので、
この採択の取消しを求めて裁判を起こしました。
(為了要求取消採用這教科書,終於決定在法庭提出。)

その後、次々と裁判を起こし、現在では合計8件の裁判を起こしています。
韓国の原告は、裁判を重ねるごとに増えています。

(之後,到現在所發起的裁判案件有八個。 也得到韓國的原告支援)

韓国の原告の方々は、日本の殖民時代に被害を受けられた方々から
大学の学生までとさまざまです。
(這些原告,主要是日本統治韓國的殖民地時代的被害者和各大學生等不同皆級人仕。)


原告の募集は、「アジアの平和と歴史教育連帯」という
「つくる会」教科書問題に対応して、2001年に結成された団体で
日韓中の歴史副教材を作成された団体でもあります。
(募集原告的主題是 (亞洲的和平與歷史教聯結)以對應這不良教科書的
問題。 中、日、韓三個團体聯手作成了一本歷史副教材書。)

中国の原告は、この副教材を作成された中国の歴史学者の方々が中心です。
(副教材書之作成者,主要是中國的原告之歷史學者等人為中心。)

これらの方々の名簿をお送りします。
(現付上各原告的名簿。)

裁判の費用は、全く心配はありません。
(有關裁判法庭的費用,請不用擔心。)

それは、裁判を重ねるごとに、韓国や中国の原告の方々が増えていることが
その証拠ではないかと思います。
(得到韓國和中國的原告增加,這是最好的証據。)

香港の方が、心配されている裁判の費用は、どのようなこれまでの経緯で、心配されているのかは、よくわかりませんが想像するに、一つは
香港の方が、起こされた裁判は、全て香港の方が原告であり
その費用が全て、香港の方に回ったからだろうと思います。

(有關法庭敗訴後的費用問題,你們的擔心我不明白,但可想像。 或許在香港所提出的法庭問題,如果是敗訴或費用方面?可能最終是歸於原告付責吧?)


愛媛の裁判の場合は、大半が日本人の原告ですので
訴訟費用は、日本人原告と支援者によって支払われています。
このような違いがあるのではないかと思います。

(但在愛媛縣的裁判方面來說,一大半是日本人為首,各訴訟費是由日本人原告和各支援者來付責的,這一點是有不同的。)

原告数が多いので、今年の3月30日に提訴しました韓国国会議員原告一覧と中国原告一覧のファイルでお送りします。
(現付到三月三十日中,上不斷增加的原告名單給你們參考 。請看付頁。)

奧村悅夫
奥村悦夫
zxvt29@dokidoki.ne.jp
愛媛の教科書がピンチ
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/index.htm
回頂端
檢視會員個人資料 發送私人訊息 發送電子郵件
diaoyuislands
Site Admin
Site Admin


註冊時間: 2005-03-28
文章: 2177

發表發表於: 七月 星期六 02, 2005 9:49 am    文章主題: 愛緩教科書裁判的年表(2002-2005) 引言回覆

えひめ教科書裁判をめぐる年表
愛媛教科書裁判的年表


月 日 原告に関する動き
有關原告的動向
被告・裁判所・県教委に関する動き
被告、裁判所、縣教委員等的動向

2002
02.19 県教委へ「採択の撤回と再審議を求める請願署名」提出 23484人 
向縣委提出23484人的簽名,要求撤回採和再審議教科書問題。
03.17 愛媛新聞意見広告
發報新聞局
03.18 提訴「教科書採択無効確認」原告55
事件番号 平成14年行ウ1号(以下、①)
韓国原告、来愛媛。提訴記者会見。
提訴無效,韓國原告往日本開記者(有關檔案平成行 u一號)  在2001年,對縣教委在縣內的特殊學校內採選用不良教科書一事,作出訴訟,沒有律師參與的,只是本人提出。
03.20 定例教育委員会
定例教育委員會   採択の再審議拒否
拒否選擇教科書的審議案
03.29 提訴「『つくる会』教科書給付決定取り消し及び給付執行停止請求」原告8名
以八名原告為首,提訴要求取消選用不良教科書。
07.10 提訴「損害賠償請求」原告117
事件番号 平成14年行ウ11号(以下、②)
韓国原告来愛媛。提訴記者会見
增加原告,合計 117 名。韓國區代表來日本開記者會& 支援
(檔案號碼平成14年U 11號)  
以本人為首,訴訟縣委在 2001年選用不良教科書於特殊學校內採用,有害和傷害人民精神苦痛為理由,訴訟縣知事以政治介入,再提訴教委會。
08.15 県教委、県立中高一貫校(3校、各160人)に対して、「つくる会」教科書を採択
縣教委、縣內中、高校(三間學校)合計160 名採用這教科書。
10.02 ①「 第1回口頭弁論」
訴状陳述
第一次口頭弁論,陳述狀詞(檔案 1)
9.25 ① 答弁書
回答書 (檔案 1)
10.9 ② 答弁書
回答書 (檔案 2)
10.16 ② 「第1回口頭弁論」
訴状陳述。 韓国原告来愛媛、意見陳述 被告による韓国人原告の訴訟費用担保提供申立に抗議・反論
生田暉雄弁護士、代理人となる
5名の原告は、引き続いて本人訴訟
韓國區原告來日本支援,第一次口頭弁論的陳述狀詞,以及抗議法庭要徵收訴訟費的擔保金。 生田暉雄律師為代理,代表本人為代表出庭。 (檔案2)
10.15 ② 韓国人原告の訴訟費用担保提供申立。
提出申請要韓國原告徵收擔保金。
11.26 松山地裁、②韓国原告に5万円担保供託決定
在松山地方裁判所,決定要韓國支付擔保金(日元五萬) (檔案2)

2003 01.22 ① 「第2回口頭弁論」
第二次口頭弁論 (檔案1)② 「第2回口頭弁論」
第二次口頭弁論 (檔案2)
愛媛在住者原告2名意見陳述
在日韓国原告意見陳述
愛媛市民原告陳述意見、住在日本的韓國人也陳述意見
愛媛在住子どもの保護者原告意見陳述。愛媛市的學童的家長原告陳述意見
被告側弁護士に原告の意見陳述を聞くように抗議、 この時から生田弁護士が出席
被告的律師作出反應抗議我方的陳述。
我方代表的律師補上出庭2.27 えひめ教科書裁判通信(以下、通信)1号発行
愛媛教科書發行第一號通知資料。
3.31 準備書面2(当事者適格)提出
提出文書 2 (各當事人資料)
2003.1.9 担保供託決
決定付擔保金
2003.1.22 原告適格検討要請 ①・②の裁判の併合決定。
檢討當事人原告的資料。合併檔案 1 & 2 的訴案
04.23 提訴「第二次損害賠償請求」提訴
原告316 生田弁護士と4名の本人訴訟
事件番号 平成15年行ウ8号(以下、③)
第二次訴訟。代表原告316名的生田律師、四名代表原告再出庭。
檔案號碼 : 平成15年 U 8號
生田弁護ら提訴記者会見
生田弁律師開記者會  以本人為首,訴訟縣委在 2001年選用不良教科書在特殊學校內採用,有害和傷害人民精神苦痛為理由,訴訟縣知事以政治介入,再提訴教委會。
04.23 ①・②併合「第3回口頭弁論」
第三次口頭弁論 (檔案1 & 2 合併)
韓国原告来愛媛、意見陳述及び訴訟費用供託決定に異議申立、愛媛在住原告、意見陳述。
愛媛市民原告陳述意見、韓國區原告也來日本作意見陳述,以及向法庭對徵收擔保金作出異議。
被告側弁護士に原告陳述を聞くように抗議
被告律師又出作抗議
5.21 準備書面3(公務員個人に対する国家賠償請求)
提出文書 3,要求國家對個人公務員付賠償
6.1 通信2号発行
發第二期通信資料  
06.25 ①・②「第4回口頭弁論」
県外原告・ 愛媛在住原告意見陳述
檔案1 & 2第四次口頭弁論。
縣外市民原告陳述意見  
07.16 ③「第1回口頭弁論」
檔案3 第一次口頭弁論
訴状陳述、 愛媛在住原告意見陳述
讀狀詞、愛媛市民原告提出意見
8.2 通信3号発行
發第三期通信資料 7.9 ③ 「答弁書」
回答書 (檔案 3)
7.9 ③ 「担保供託申立て
接受申請有關擔保金事項。
09.17 ①・②「第5回口頭弁論」
檔案1 & 2 第五次口頭弁論
愛媛在住原告意見陳述、
愛媛市民原告陳述意見
準備書面4
準備書 4
準備書面5(教科書の問題点)
準備書5 (有關教科是中的問題點)・
準備書面6(当事者照会)・
準備書6 (照會當事人)
準備書面7(求釈明)
準備書 7 (要求解譯)
③「第2回口頭弁論」
檔案3 第二次口頭弁論
11.5「口頭論調書異議申立」
11.5 提出口頭論點的異議內容
11.15通信4号発行
11.15 發行第四期通信資料
11.27準備書面8・9(違法な採択の検証)
11.27準備書8.9 (不合法的採用教科書的証據)
準備書面10・11(訴訟指揮への求釈明
準備書 10.11(要求解譯訴訟問題) 10.20 ②「担保提供取消の申立てを却下するように求める上申書」
2 提出拒否取消擔保金事項。

12.03 ①・②「第6回口頭弁論」
檔案1.2 第六次口頭弁論
準備書面12(求釈明2)
準備書 .12(要求解譯訴訟問題)檔案2
③ 「第3回口頭弁論」
檔案3 第三次口頭弁論

2004

02.04 1.20通信5号発行
1.20 發行第五期通信資料
2.3 ①・②「裁判官忌避申立書」提出
檔案 1 & 2 提出 “裁判官有意逃避”
①・②「第7回口頭弁論」急遽延期
檔案 1 & 2 第七次口頭弁論…延期
2.3. 1 & 2 檔案1 & 2
①「第6回口頭弁論調書異議申立」
檔案 1 申請“第六次口頭弁論”的異議

③「第4回口頭弁論調書異議申立」
檔案3 申請第四次口頭弁論的異議
③ 「第4回口頭弁論」

檔案3 “第四次口頭弁論的異議
法廷において「裁判官忌避申立」
愛媛県監査委員会へ第1次監査請求提出(請求人6名)
有關法庭 “裁判官有意逃避“提出第二次查監, (要求者有六名代表)
指出被告有意引導裁判官,不能期待有公正裁判,要求改用裁判官。

  
02.20 愛媛県監査委員会へ第2次監査請求提出・請求人61名
向愛媛縣監查委員會提出第二次監查,申請人61 名

指出知事利用政治手法介入,浪費公費和違法。
02.23 監査請求第1次・請求人意見陳述
監查請求第一次,申請人陳述意見
02.28 監査執行上の除斥請求書提出
申請提出拆除監查執行事項
03.08 監査請求人意見陳述の公開要求書提出
提出要求公開監查資料。
03.12 松山地裁裁判所所長宛の情報公開請求書提出(口頭弁録録音テープ)
向松山地方法院所長提出情報要公開 (付上口頭弁論的錄音帶)
03.22 第2次監査請求・請求人意見陳述
松山地裁裁判所所長宛の情報公開請求書提出(口頭弁録録音テープ)
第二次向松山地方法院所長提出情報要公開 (付上口頭弁論的錄音帶) 忌避申立・松山地裁決定(却下)
松山地方法院推反 “裁判官有意逃避”一事
03.24 監査請求第1次決定・却下
決定第一次的監查….推反
03.26 忌避申立・松山地裁決定(却下)に対して、高松高裁へ即時抗告
松山地方法院推反 “裁判官有意逃避”一事,即時抗議
04.07 松山地裁より、録音テープの不開示通知
松山法庭下令不能公開錄音帶


04.12 第2次監査請求決定(却下)
決定第二次的監查….推反
05.06 忌避申立・高松高裁(却下)(①.②)
檔案 1&2松山地方法院推反 “裁判官有意逃避”一事
05.12 損害賠償代位請求・提訴
原告44名
平成16年行ウ5号(以下、④)
準備書面13(原告適格2)
提訴記者会見 

開記者會,宣報訴訟賠償問題內容。
出席者有原告44名。
檔案內容 : 平成16年 U 5號 忌避申立・高松高裁(却下)(③)
檔案 3
松山地方法院推反 “裁判官有意逃避”一事
05.28 高裁の「忌避申立」却下に対して最高裁に特別抗告理由書送付(①.②)

向高院申請推反松山法庭對裁判官有意逃避”一事
檔案 1 & 2
06.14 ④ 補正命令
修補命令
06.17 ④「補正命令に対する求釈明」送付
檔案4 付上修補命令的解譯
06.18 原告の上申書、松山地裁に随時提出(①.②.③)
向松山法庭提出原告意見書
檔案 1 & 2 & 3


06.22 最高裁に忌避に関しての上申書を追加資料として送付(①.②、6名・③、34名)
松山地方法院推反 “裁判官有意逃避”一事, 再向法庭提出意見資料。
檔案 1 & 2 (原告 6名 )
檔案 3 (原告34名)
6.26通信6号発行
發行第六期通信
07.12 訴追請求のその後について、訴追委員会に書面で請求送付
松山地方裁判所裁判長及び松山地方裁判所所長並びに高松高裁裁判所長官に「裁判所法80条、下級裁判所事務処理規則21条による司法行政上の監督権の発令を求める訴」送付

提訴松山地方法院裁判所所長、松山高院所長,訴求發出司法行政權的監督權。(按裁判所法例第21條)
07.16 忌避申立・最高裁・棄却
高院推反 “裁判官有意逃避”一事

08.12 ④ 事務連絡
檔案4 事務文件聯絡
08.23 ④ 事務連絡
檔案4 事務文件聯絡
08.24 松山地裁に「口頭弁論期日指定申立」(①.②.③)
向松山法庭提出檔案1、2、3
的口頭弁論的指定弁論日期
09.01 松山地裁に「補正命令に対する求釈明」への求回答書送付。
向松山法庭要求解譯修補令的回答書
松山地裁に「上申書に対する求回答書」送付。
向松山法庭提出意見書,要求回答。
10.18 ②訴訟費用担保提供決定の取消申立却下

推反檔案2 的訴訟擔保金一事
③韓国原告に5万円担保供託決定、韓国原告分離決定
檔案3 決定徵收擔保金一事。
決定分開韓國原告
11.08 ③供託金決定取消申立
檔案3 申請取消支付擔保金
11.11 裁判官訴追委員会、裁判官訴追審査事案決定通知(訴追しない決定)
推反有關裁判官、裁判審查事案一事
11.17 ④口頭弁論開始に際しての意見書
檔案4
開始口頭弁論時的意見書。
11.19 提訴「国家賠償請求」
提訴 “要求國家賠償”
11.24 ④「第1回口頭弁論」
檔案4 第一次口頭弁論

200501.12 ①・②「第7回口頭弁論」
檔案 1 、2 第七次口頭弁論
③「第5回口頭弁論」。韓国原告追加提出、追加原告を最高裁判例を理由に受理を拒否。
檔案3 第五次口頭弁論。增加韓國原告人數,被最高院拒否。
01.28 ③裁判官忌避申立。
檔案 3 提出“裁判官有意逃避”一事 松山地裁。②③韓国原告分離裁判の判決期日通知(判決日01.31)
松山地裁。決定分離韓國原告一事
(判決日期01.31)
03.30
①②③口頭弁論予定日。
檔案 1 ,2,3 的口頭弁論的予定日期。

えひめ教科書裁判の概要

愛媛團体裁判的計概要


 愛媛県教育委員会(以下、県教委という。)は、2001年8月及び2002年8月において「つくる会」教科書を採択した。いずれの採択も加戸守行愛媛県知事の不当な政治介入を県教委委員らが受け入れ、結託し、違法に「つくる会」教科書を採択したものである。この違法な採択に対して、採択の無効確認と損害賠償及び公費返還を求めて計4件の裁判(2004年11月5日現在)を起こしている。
愛媛縣教育委員會(下譯 : 縣教委)於2001年8月 & 200年月期間選用不良教科書的選擇問題,
提訴愛媛知事加戶守行以不合法的政治介入、聯結教委員採用不良教科書,正式於2004年11月提出訴訟。到現在提訴合計(檔案四案)



1. 原告らの主張
1 ) 原告的主張
 原告らは、この裁判において次の4点について被告らの行為の違法性・不正を主張し、「つくる会」教科書の採択の無効確認と同教科書を使用することによって派生する精神的苦痛に対する損害賠償と違法な県費支出を被告らが、県に返還するように求めている。
原告向法庭提出要求被告返還浪費公費一事、違法、另市民精神苦痛,以及要求停止使這教科書。

(1) 知事の不当な政治介入の違法性(教育基本法10条)
1) 知事的政治介入是違法的 (教育基本法第10條)
(2) これに同調し結託した委員らの採択の違法性(教育基本法10条)
2) 各關係者包括委員會中人等,選擇採用這教科書也是違法 ((教育基本法第10條)
(3) 採択に求められている適正手続きを著しく欠く採択の違法性(憲法31条)
3)沒有以正式手續去採選教科書問題是違法 (憲法第31條)
(4) 県教委にはそもそも採択権がなく、同採択は違法(教育基本法10条)
4) 縣教委是沒有選擇權的。 (教育基本法第10條)

2. 裁判の経過の概要
2) 裁判之經過概要

 現在、4件の裁判とも被告らの行為が違法な行為に当たるのか否かについての審理を行なうところまで裁判は進展していない。
現行的檔案四件中,被告的行為是違法的,在裁判上沒有審理進展。
司法は、法の番人としての責務を放棄し、国などの違法な行為を追認し、憲法の空洞化が進んでいるが、本件裁判においてもその例外でなく、裁判長らは、被告ら寄りの訴訟指揮を行い、前記主張についての審理を回避し、次の2点を理由に実質的審理を阻み、本件裁判を終らせようとしている。
提訴國家的行為是違法、處理法務問題的人放棄責務責任、憲法有空洞化。除了本案件外,裁判官、被告以及在審理上有逃避姿態。以下的兩點理由,要求裁判完成這提訴

(1) 原告適格 原告資格問題
原告らが、教科書採択問題で裁判を起こす適格が、あるか否かといういわゆる入り口論争となっている。
有關原告的資格問題,多次和法庭有口頭論爭論過。
行政訴訟に起こす場合に、この原告適格が、高いハードルとして原告の前に立ちふさがっている。原告らが訴えている内容について法廷で審理することなく、原告として訴える資格を有していないとの理由から却下(門前払い)されるケースが非常に多い。


行政訴訟時,法庭方面有意阻擋訴訟,以集中針對原告的資格為理由,多是拒文之門外的情況很多。
本件担当裁判長である上原裕之裁判長は、これまでの口頭弁論の過程で、被告らの行為が違法な行為に該当するか否かについて法廷の場で審理する方針をいったん示しておきながら、その後この発言を翻して、まず原告適格の有無を判断してから審理に入るとの姿勢に大きく後退させてしまった。〕
本案的擔當裁判長上原裕之在口頭弁論上的過程中,克意在庭上採取審理原告的資格問題,沒有好好在司法上去審理被告的行為是否合當。
従前、同裁判長の訴訟指揮は、被告寄りであったが、その姿勢をよりはっきりとさせた。このような変化、つまり、加戸知事らが行った不当な政治介入などを法廷の場で審理することなく、裁判を終息させようとする裁判所の姿勢に対して、原告らは、同裁判官らには、公正な裁判を期待できないとして、裁判官の交代を求めて「裁判官忌避申立」(年表参照)を行った。
在案中、裁判長是受到被告和加戶知事的政治介入,在法庭的審理上沒有做到公正的裁剃,因此,我方要求改用裁官。因為發現裁官有意逃避的姿態
この「裁判官忌避申立」に対して、最高裁は「棄却」決定し、私たちの訴えを退けた。つまり、身内である裁判官をかばい自己浄化能力がないことを暴露したしたのである。

有關裁判官有意逃避一事被最高院推反了,這是暴露出裁判官是內政不廉。
この決定によって裁判が再開されることとなったが、「忌避」前の状態にたち返ったに過ぎず、最悪の場合次回の口頭弁論(2005.1.12)においていきなり「結審」となり裁判が終わってしまうことも予想される。
就是因這事態 (裁判官有意逃避),今次(2005、1、12)的口頭弁論都能予想到結果。最後予想是
(結審)就草草完事。
つまり、加戸知事らが行った不当な政治介入などについて審理するとまずいと裁判官が判断すれば(判断している)、これらのことを一切審理することなく、原告らには、そもそも原告適格そのものがないとの理由で、私たちの「訴え」を却下(門前払い)してくることが予想される。
換句話說,因加戶知事的政治介入,加上裁判官的態度,一切的審理都得不到合格的處理,
我們可予想到會被拒之門外。
そこで、実質審理を行わせ、採択の無効と違法性を明らかにするために、あらゆる可能な行動を展開することとした。年表の「裁判官忌避申立」以後の原告に関する動きは、そのために行なった行為である。
為此、實質地要求合理的審理、採選無效、違法問題性等問題,我們要採取一切行動。





3. えひめ教科書裁判の特徴
3) 愛媛教科書裁判案的特徵

この裁判は、訴訟行為を原告自らが行う本人訴訟で始めた裁判であった。途中から弁護士が訴訟代理人として加わり、弁護士に訴訟行為を委任している原告と引き続き原告自らが訴訟行為を行っている原告という構成となっていることが、この裁判の一つの大きな特徴となっている。

一開始時只有市民原告參加,當裁判開始了後,途中得到律師為訴訟代理人。事後,我方正式委任律師代辦。 互相構成一起。
つまり、訴訟行為を職務としている法律の専門家である弁護士と訴訟行為及び法律の分野においても素人である原告との構成によって、互いの長所短所を補い合いあうことによってこれまでにないユニークな裁判になろうとしている。
因為一般市民不董訴訟法律,得到律師的專門指引,互相補充長短處和溝通,已構成一個連結的獨特之裁判。
このことを可能にしているのは、原告が本人訴訟を行なっていることと同時に、長年裁判官を勤めた経験から司法改革の必要性を痛感している弁護士の存在が大きい。

透過這次訴訟,可以感痛到長年累月的裁官勤務問題和要司法改革的必要性。

つまり、裁判官と被告・原告弁護人としての弁護士による馴れ合い・特権意識、国におもねる裁判官ら司法の有り様を突き崩し、法廷の場を市民の手に取り戻すことが、この裁判の目的の一つになっている。

這就可以了解出現行的裁判官、被告等對我方原告所用的特權意識、國家司法上出現問題,
透過這次訴訟,希望能把已崩壞的法庭還政於民。
いま、私たちは、司法の厚い壁に阻まれ、被告加戸知事らの違法な行為の有無を法廷で審理することなく、原告適格がないとの理由で原告らの訴えは、却下される可能性が高い状況におかれている。

現在我們除了有司法上的厚厚牆壁的障外之外,還有被加戶知事的政治介入的不法行為,
我們更可予想到他們會以原告的資格為理由來推反我們的可能性很高。






このような状況に風穴を開けることを可能ならしめるのは、法律の知識ではなく、司法の場になじんでいない素人感覚であり、また、おかしいことはおかしいと思い、そのことを諦めずに求める人々の強い意志ではないかと考えている。

這個現實漏洞,不一定是以有法律知識才能掩上。最基本是市民能提高意志和意識,希望各人能有加強觸角意識。

このような企図から、被告よりの訴訟指揮を行なう裁判官らに対して「国家賠償」を求める提訴を2004年11月19日に行うことを決定し、いまその準備を進めているところである。

因從被告去引導裁判等官員的企圖問題,針對這問題正準備更多資料去提訴。(決定於2004年11月19日)
回頂端
檢視會員個人資料 發送私人訊息 發送電子郵件
diaoyuislands
Site Admin
Site Admin


註冊時間: 2005-03-28
文章: 2177

發表發表於: 七月 星期日 03, 2005 8:39 am    文章主題: 引言回覆

韓國 6名志願團体,4名韓國教科書運動本部代表共10名人仕到達日本支援有關上庭問題和開記者會。

提訴日期 : 七月二十日

日本記者會 : 七月十三日


diaoyuislands 在 七月 星期四 07, 2005 4:47 pm 作了第 1 次修改
回頂端
檢視會員個人資料 發送私人訊息 發送電子郵件
diaoyuislands
Site Admin
Site Admin


註冊時間: 2005-03-28
文章: 2177

發表發表於: 十二月 星期日 11, 2005 4:56 pm    文章主題: 引言回覆

訴訟最新報告:

田中さま 和仁さま
田中小姐、和仁先生

報告とお願い 採択の差止め請求の報告
請求阻止選用教科的報告和意願

7月22日に香港と韓国(平澤)の方が多く原告として参加していただき提訴しまし
た。残念ながら、ご存知のとおり、愛媛県教委は、「つくる会」教科書を採択しました。

於7月22日得到香港和韓國(平澤)等多數原告參加提訴。很可惜愛媛縣教育委員會最終是選用了不良教科書了。

差止めを求めた裁断ですので、採択されてしまうと裁判を続ける意味がありませんし 裁判を続けてゆくことが困難です。 せれで、この裁判を取下げすることにいたしました。

因被選用和決定了,所以繼續去提訴也是沒有意思和困難。因此、這裁判案件決定放棄。


取り下げする理由は 今年の採択に対して、新たに裁判を起こし そのことに、力を注ぎたいと言うことが もいひとつの理由です。

放棄的理由是再把能力轉往和放在新的裁判計劃上去。

採択の差止め裁判を裁判所は、認めませんでしたが、また、
愛媛県教委は、「つくる会」教科書を採択しましたが、採択の危険性があった
松山市は、「つくる会」教科書を採択しませんでした。 それは、香港と韓国の方が多く原告として参加していたことが、大きな影響を与えた と思います。

須然得不到裁判所的認同和阻止不了愛媛縣教委會的選擇,但松山市是了解這危險性,所以沒有採用這教科書。主要原因是得到香港和韓國等原告的力量和影響。

その理由は、 松山市と韓国(平澤市)は、有効都市であり、その平澤市の多くの市民が原告として 参加し さらには、日本においても知名度の高い香港の多くの方が、原告として 参加して頂いたことが、大きな影響を与えたのではと思います。
このようなことを、お礼と合わせて香港の方にお伝え願えないでしょうか。

其有效的影響力的理由是因松山市和韓國(平澤市)是友好都市,加上平澤市有不少市民參加為原告,另外更得到香港知名度高的人仕參加,因此得到很有效的影響。
在此謝謝各位的力量。


裁判をはじめ、愛媛での運動を行なうことに手一杯で、 直接お伝えすることが、困難です。すみません。 韓国の場合は、日本語をやり取りが可能なのですが
香港の方の場合それができませんが、翻訳を心みたのですが
らはり、困難でした。すみません。

我方在愛媛的活動上都盡了力量,但可惜不能一一清楚地直接把活動內容詳細地給你們報告。 韓國方面是可以直接把日本語傳達報告過去,但香港區方面我方沒有能力一一的去做翻譯文件來傳達給各原告。真對不起。

お願い これからも、香港の方に、翻訳し直接報告することは、できないだろうと思われます。 そのことを、前提にして、 新たな裁判を12月の中ごろに予定しています(今年の採択の取消しを求める裁判で す。)が、 この裁判の原告に引き続いて香港の方にお願いしたのです。

須然不能把活動內容詳細地去翻譯給各位,希望今後都能得到你們的支持繼續作為原告。於 12月中,我會再會努力上訴法庭,希望取消採用這不良教科書的活動。
希望香港區的原告繼續支持本會。


そのことを、お伝え願えないでしょうか。
裁判の手続きの費用は、印鑑を作っていますので、今回は、必要ありません。
ご検討頂けないでしょうか。 韓国の方にもお願いすることにしています。

裁判的手續費是不用的,上次做下來的各位人仕印鑑還是可以再用。韓國區也把這計劃提出過,也請求他們繼續的支持。

奥村悦夫
zxvt29@dokidoki.ne.jp
愛媛の教科書がピンチ


diaoyuislands 在 八月 星期五 11, 2006 8:29 pm 作了第 1 次修改
回頂端
檢視會員個人資料 發送私人訊息 發送電子郵件
diaoyuislands
Site Admin
Site Admin


註冊時間: 2005-03-28
文章: 2177

發表發表於: 八月 星期五 11, 2006 3:49 pm    文章主題: 引言回覆

有關2005年7月22日,香港、加拿大、國內、韓國各界人仕加入日本愛媛縣松山市原告團,"阻止選用不良教科書訴訟" ,現在原告團決定加控安倍晉三以政治壓力支配教育。

請各舊有的支持者繼續支持和參加,如欲退出的話,請在八月十八日前提出,如無異議的話,本會會作自動再支持參加論。 欲想新加入為本案的支持者,請與本會聯絡。(舊有支持者不需另加費用。)

詳情參看以下譯文:


齊起來參加訴訟安倍晉三以政治壓力支配教育(譯文)

安倍晉三官房長官利用身為政府高官的地位,在2004年6月14日在一超黨派極右政治家集團所主辦的公開會議中演說 : 《年輕議員思維會對日本之前途與歷史教育。》在公開議會上全國自民党支部成員參加和支持,另外安倍晉三在會上公然以個人身份演說支持 “編選會”。

這極右編選會之目的是想擴大日本全國去採用為目標,更欲以政治壓力去推擴和援助。安倍晉三的行為是違反日本國憲所定下的日本教育基本法所定之 (政治中立基準)條例。

日本的教育基本法第 10條 :

教育不被支配和受政治壓力。 (要確保政治中立)
執行之職務要向全國人民負責。

中央政府和地方政府在教育政策上要有自覺性地保持政治中立,不能行使政治壓力。一定要整備必要的教育環境和條件去確立目標為前題。

正如基本法內容中,日本的教育基本法之教育內容中,有關教科書的選擇過程是嚴重禁止行使政治壓力的。( 安倍晉三的行為,是有違基本法。)

現在愛媛縣松山市、今治市 (日本西部的四國島的市民團体),針對這(編選會)
極右歷史教科書之公然和政治性的援助問題,市民團体決定提訴安倍晉三官房長官。 現開始發起各種運動,現在已得到韓國市民的多數支持者參加,在過去有關教科書問題也得到香港市民的共同奮鬥和支持。 希望各人再能合力支持這次活動。

過去曾加入參加的人仕,希望能再繼續支持。舊有支持者是不用任何費用的,
但新加入者是要付出日元一千,為事務經費(只收一次)。 請各舊有的支持者繼續支持和參加,如欲退出的話,請在八月十八日前提出,如無異議的話,本會會作自動再支持參加論。 欲想新加入為本案的支持者,請與本會聯絡。


日本四國愛媛縣友人 愛媛教科書訴訟原告團
翻譯員 : 鄺勤芳 (女仕)

------------------------------------------------------------

相關連接:

加控安倍晉三以政治壓力支配教育[三]

香港、加拿大、國內、韓國人仕加入日本愛媛縣松山市原告團[二]



Arrow




Idea
回頂端
檢視會員個人資料 發送私人訊息 發送電子郵件
從之前的文章開始顯示:   
發表新主題   回覆主題    香港保釣論壇 首頁 -> 保釣行動委員會、史維會活動公告 / 有關釣魚台 新聞 所有的時間均為 香港時間 (GMT + 8 小時)
1頁(共1頁)

 
前往:  
無法 在這個版面發表文章
無法 在這個版面回覆文章
無法 在這個版面編輯文章
無法 在這個版面刪除文章
無法 在這個版面進行投票


Web Hosting Service Provided by Soweb.net


The Original Author of this Forum programe is phpBB Group